秘歴開帳

 この部屋は、公式設定から脹らましたイメージのみの、つまりは私的にでっち上げた記述が大量に、何の前置きも無しに含まれるという、最も性質の悪い(笑)部屋です。

 戦国伝をじっと見ていると、他所で見た様々なイメージが自分の頭の中で混入され、時に全く設定からかけ離れた想像をする事が多くあります。

 この『秘歴開帳』では、そんな空想・妄想を、歴史の谷間に埋もれた事実として、極力「忠実」からずれない様、味付けしつつ、書き連ねてみようかと思います。


最終更新011028

『天ノ島事件』

一・幕開け
二・怪物
三・嘲火
四・鑠鏃

 「七人の超将軍」編の私的解釈を含む小説化です。
 本編に描かれなかった部分を中心に、私的戦国伝設定をふんだんに盛り込み、話の筋より、場面を味わう方向で書き連ねております。

 全五話程度を想定しており、全話完成までの間、勝手ながら細部に修正が加わる可能性があります。


空想科学講座一時限目 『異常な金属』

 戦国伝の物語から遥かな未来。
「かれら」は既に地上に無く、ただ遺物のみが語り継ぐ・・・。

 最も初期の掲載作品でありながら、最も捏造性の高い危険文書(?)です。


『覇道和守 魔星』

 私が最も想像をたくましくしてしまう人物の一人、『魔星(ますたー)』。
彼の足跡を私なりに掘り起こしてみようと試みました。

 『魔殺駆(まざく)の乱』(天の島事件)の頃には全く名の知れない彼が、如何に10数年で副将軍まで登り詰めたのか。

 そして、何故、権力を欲したのか・・・。


『弘輝G計画』

再考察中に付き、一時掲載中止します。しばしお待ちを

  深紅の魔人が跋扈し、天が地を打ち据えし凶事より数年が過ぎ去り、
時の将頑駄無、覇道和守 魔星(ばどわのかみ ますたー)は国内全ての軍事機関および関連組織に下知(げち)を下した。
 それは天宮の軍事力を、光の力の恩恵に頼らずして、闇と対峙し得る水準にまで5年以内に上げる、という大目的の元に、用兵の改善から、大小の兵器の開発、足軽の練成法に到るまでの詳細に及ぶ要請であった。

 将頑駄無の命に答えるべく、ある者達は刀を打ち、ある者達は鎧を編み、そして多くの武士がそれを纏うべく、自らを鍛え上げた。

 そして、時は満ち・・・。天宮に出現した「重戦闘動甲冑大隊」とは!?


戻る Back to home