多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.565] HJ1月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2011/11/25(Fri) 20:58
[関連記事

先月の丁奉に続き、今月は周泰で、キットとは違うバイアランですが、既存のキットの組み合わせでこういうものが出来てしまうことというか、発想がすごいというか、それだけラインナップが充実している三国伝シリーズがすごいというべきなのか、両方でしょうね。

前回の丁奉はマラサイ、今回はバイアランということでティターンズ系のMSということですが、轟は0083→ティターンズ系というイメージのチョイスになっておりますが、暴君と化した孫皓等のイメージが強いのでしょうね。孫皓の演者を選ぶとしたら、ティターンズ系だと、真っ先に浮かびそうなジ・オやメッサーラといったジュピトリス系は黄巾で使われているのですが、
馬超と同じブルーディスティニーがモチーフの馬岱(過去キットの流用ですが)がいるので、同じモチーフ使っちゃいけないというルールはないのですが、アドバンスオブゼータのウーンドウォートやアモンドッグなど、ティターンズ系のMSも充実しているので、モチーフかぶりは心配する必要はなさそうですね。
Gジェネのタイタニアとかもありますし。
個人的には、ウーンドウォートあたりが似合いそうな気がしますが、アドバンスオブゼータの刻に抗いし者とかも連載中なので、様子見ですかね。

周泰自身は孫権に気に入られていた人で、孫権が彼の傷を見せて、彼の働き振りをほめたエピソードが有名ですが、彼が軽んじられていた理由として、出身が由緒正しくないのではないか、という推論が上げられていたわけで、出身の身分にとらわれないで起用したということですが、孫一族も孫子を書いた孫武の子孫を名乗っているように出自に関しては、胡散臭がられていましたからねえ。
三国伝でも、孫一族は唯一一族で三候の一人虎暁の虎錠刀を伝える一族でありましたが、乱世でもアリ、孫武の子孫を名乗っていた三国志の孫一族のように、近い世代で有名な人物を排出していないので信用されていなかったものの、結局、本当の虎錠刀だったのは作中で証明されるわけですが、それまでの時代に、何度か出てそうですからね、自称虎錠刀を持つ虎暁の魂を受け継ぐ者とか。確かに乱世では、信用されにくそう(汗
周泰も三国志では孫堅の遺児が挙兵したのに呼応して駆けつけたのですが、アニメ三国伝でも、呂蒙や甘寧が孫策とともに戦おうと駆けつけようとしたら、孫策が亡くなったと聞いて、やけになって江東で暴れていたわけですが、一説によると、もし、もっと生きていたら、曹操に匹敵する勢力になってたであろうという意見もあるそうで。
アニメやコミックの三国伝よりも、番外編の収録ネタの方が性格的に近いのですが、相当に豪快というか、ムチャな人だったようで。
確かにそれだけの魅力があるなら、暴れまわるのはともかく、アニメでの呂蒙たちの落胆が大きかったのもうなずける話ですよね。
孫権は兄の部下であった周泰に目をかけていて、周泰も期待に違わぬ活躍を見せたわけですが、前述の呂蒙や甘寧の落胆の一因は三国伝での孫権は優しさゆえに弱気な人物と見られやすい部分にあったわけで、出自が高くなくて、侮られやすかった周泰に相通じるものを感じていたのかもしれませんね。
モチーフのバイアランも非変形で飛行能力を身に付けていたりしておりましたし。

>ゴーカイジャー

決戦機グレートワルズの出現と、ゴーカイジャーの大いなる力の発動により、カンゼンゴーカイオーへの合体ですが、ゴーカイジャーのゴーカイオーと、ジュウレンジャー&タイムレンジャー&アバレンジャーの大いなる力が一つになった豪獣神と炎神のマッハルコンと五つの大いなる力が一つになっているわけですが、ゴーカイオーのボディに豪獣神の両腕、マッハルコンというようにガイキングザグレートの合体方法で、デザイン的には海賊のイメージは強調させていますし、マッハルコンも強調されて入るものの、豪獣神の恐竜のイメージはあまり強調されていないというか、豪獣神はアバレンジャーの大いなる力部分だけのような気も。
個人的には特徴的な左手パーツなので、もうちょっと火力面を充実させて、零距離で貫手で貫いて、銃弾を叩き込むみたいな技を期待してしまうので、左拳を飛ばすだけというのはちょっと物足りない。母親のベアールも口を開けてミサイル発射していたし、アリな技だというのは私だけでしょうか?
ゴーオンゴーカイオーの必殺技は、ダイムゲンみたいにボリュームがあればともかく、マッハルコンのデザインだとちょっと物足りない。
せめて、正面からぶつかる技でもよかったかなという気はしますね。
ミニプラでは豪獣神の両腕を簡易パーツで再現(可動もできます)されていて、ゴーカイガレオン(ゴーカイホーVEr)もラインナップに加わって、これまでそろえていない人でも、カンゼンゴーカイオーが再現できるという仕様になっており、関西では、探せば、豪獣神の両腕も見つかりますので、こちらでは気にするほどの問題ではないのですが、
年末恒例になった各ロボの再販(全種類ではないですから)は今年は難しいようですから、せめて、豪獣神の両腕もラインナップに加えてほしかったとも思いますが。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー