多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.582] Re: HJ3月号 投稿者:(管理責任者)八端  投稿日:2012/02/25(Sat) 01:09
[関連記事

ゴーバスターズ、いよいよ明日から・・・。

思えば、”忍者””警察”は幾度かモチーフにされてきましたが、
”スパイ”というか特殊諜報系は、サンバルカンで類似の描写が出たっきり、
という気がするので、新しいアプローチに期待できそうです。

トイ的にも、未消化の感が強かったゴセイのリベンジなるか、といったところで。

近年バンダイでは、キャラクターと技術が分離している一面があるため、
一度開発した技術はある程度成果が出るまで使い切る傾向があるように思えます。

個人的に興味深いのが、
ゴセイナイト(簡易可変フィギュア)からレンジャーキーが派生したのか、
レンジャーキー開発の途上でゴセイナイトに技術転用されたのか、というところ。

可変ヘッドフィギュアというスタイルに”戻った”バディロイドが、
どんな展開を見せてくれるか、楽しみです。

マシンに変形するバディは、確かにパワレンとの直接連携を予感させますね。
玩具好きとしては、国外展開がかなりうらやましかったりするので、
こちらも実に心が踊ります。


>蓬莱
 中世ごろは、火薬や天文分野など、大陸の方が科学的分野は発達していそうですが、
 1周目3部で、帰還した劉備持ち帰ったのは、
 科学技術より、精神文化(ぶっちゃけ、術法系)である印象は確かにありますね。

 あえて野暮な方向で考えると、劇中描写から拾える科学技術水準で、
 あの強襲艦や水上バイク、増して神火飛凰などが”作れるわけがない”ので、
 そこに術系統の文化の流入があった、と考えるのは有りかと思います。

 そう考えてみると、(三国志という明確なイメージソースがあるとはいえ)
 戦国伝に比べて三国伝には、術法を行使する描写が多くは無かったように思え、
 あまり普及した文化ではない、という印象がありました。


 三国伝”2周目”ではストーリーが後半まで回らなかったため、
 色々の要素が未登場で終わってしまったのが残念どころ。
 というか、今からでも再開して欲しいくらいなんですが・・・。

 あ。レジェンドBBで!


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー