[掲示板へ戻る]
一括表示

[No.596] HJ6月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/04/25(Wed) 19:49
[関連記事

今月の作例は、張飛のパーツを基にして、複数キットでミキシングした張苞ですが、調べてみると、若死にした人物で、実際には次男が継いだとか書かれているようで。
関羽の息子である関興と関羽の弔い合戦で先鋒をめぐって、一戦交えたというエピソードが有るのですが、張苞を兄、関興を弟とする義兄弟の契りを結んだとか。
その戦いで関興は父の仇の一人である潘璋を斬って、青龍偃月刀を取り返したのだとか。
戦神決闘編での関羽の最後の戦いも、強襲水軍が相手だったのは呂蒙が相手だったからみたいですが。

プロトZをモチーフということですが、この機体のパーツがそのまま、流用されているというあたりが、若死にということと結び付けられたのでしょうねえ。
ブロックビルドという形式で設計されたわけですが、変形システムがうまく機能せず、のちに強奪したガンダムMK2によって、もたらされたムーバブルフレームによって、変形が可能になるわけですし。

ガンプラビルダーズでは豪華の方の劉備を使って、超機動大将軍を改造しているわけですが、豪華劉備を使って、大将軍キットや大型キットの改造に使っているのを見たことがありますから、やはり、重宝するのでしょうね。

レジェンドBBの武者ガンダムは足軽とのコンパチのようで、八端さまの言われたとおりでした。
流星馬みたいに、足軽作れるパーツと武器パーツでセット販売がされるのを期待したいところですが。

ガンダムAGEでは、PSPのオリジナルウェアの紹介や第三世代の紹介ですが、AGE3のフォートレスって、どう見ても、セラヴィを連想してしまうデザイン。

量産型は結構好み。

しかし、えらいさんと癒着するなら、いくらでもやりようがあったのでは? とか思えてしまいますが、フリットやその一派がそれをもってしても、押さえ切れないほど、合法違法ひっくるめて、いろいろとやらかしているのでは? と思えてしまいますね(汗

コロコロ連載のトレジャースターでは第三世代の時代にタイムスリップしたり、イナズマイレブンGOの新シリーズでもタイムスリップしたりしているので、本当にタイムスリップして、フリット、アセム、キオが同じ時代に集結して、歴史を変える方向に動くストーリーになるのかな、と思えてしまいます(汗


ミニプラのゴーバスターオーに関しては、ゴーバスターオーへの合体だけではなくて、Gt02ゴリラの変形というか組み換えとかRH03ラビットの変形とか、単体でも楽しめるシロモノですね。


[No.597] Re: HJ6月号 投稿者:はじめ  投稿日:2012/04/27(Fri) 18:21
[関連記事




今月のHJはまずはやはり7月発売が決定したレジェンド武者。
テストショットの段階で既にあの色分け具合、
今までの歴代武者頑駄無以上にクオリティがアップした上に
足軽璽武も再現可能ととりあえず2個買い決定ですね。
電撃の記事によると武者とナイト間での装備完全換装は不可のようですが
元々基本形状が違うので仕方ないですね。それに見方を変えれば、
それだけ各キャラごとの個性と言うかデザインに力入れてるとも取れる訳ですし、
武者系同士、騎士系同士なら完全換装も可能になるでしょうし。


作例の方では張苞・張飛・周瑜の張苞ガンダムHJバージョン。
ここの処、ベースキットが10種をこえる超作例ラッシュだった反動か
割りとシンプル路線ですかソレでも5種ぐらいのキットを使ってる罠(笑)
今までに比べると楽な部類ですので出来る範囲でやってみても良いかも。


AGEの方では第3部キャラと機体が公表。
フリットがずいぶんファンキーな感じになってましたが
軍に命令を出せるという事はまだ退役はしてない?
今のところアセムの情報が出てませんが
軍に残っているのかどうかと言う所も注目ポイントでしょうか。


更に例によってHJ公式外伝もスタート決定。
各シリーズごとに20年以上の空白期があったので
その辺の時代の話が描かれる事に期待したいですね。


最近のTV関係についても少々、まずは4話まで進んだΩですが
ついに紫龍の息子の龍峰が登場、息子がいたのにも驚きましたが
よく春麗が息子を聖闘士にするのを認めましたよね。
春麗なら絶対反対するような気がするんですけどねぇ。

そして旧作からは早くも檄と市が登場。かたや教師、かたや生徒でしたが
今回のレギュラーメンバーは旧作で青銅2軍に含まれていた
聖衣を引き継いだメンバーが2人いるので
自然と「前任者はどうした?」って疑問も出る訳ですから
残りのメンバーも今後何らかの形で出てくるんでしょうね〜


スーパーヒーロー大戦も見てきましたが言える範囲で少々。
最新戦隊&ライダーのゴーバスターズとフォーゼも出ているとはいえ
事実上の主役はどう見てもマベちゃん&士でしたね。
スペードエースVSブレイドのスペード対決
バトルジャパンVS龍騎の似た武器対決などもあるんですが
中盤までは子供向けにしては殺伐とした雰囲気で話が進むんで
やはり見どころは最終決戦の大暴れでしょうかね。
戦隊&ライダーの作品の枠を超えたコンビネーションが見れるんですが
よく考えると同時代(に放映されていた)者同士のコンビになってましたね。


因みに26日に地元のヨドバシがリニューアルしたので軽く見てきましたが
ものすごく広くなってましたね。模型方面ではガンプラコーナーもかなり拡大、
大まかに00エリア、SEED、AGE、MG、HGUC、BBと別れてましたが
展開終了してから売れ残りぐらいしかなかった三国伝キットが大量投入。
改造用に探してたキットもあるのでいくつか買ってきました。
欠点があるとすればプラモ、CD、DVD、ゲームがそれぞれ違うエリアにあるので
以前のように1つのエリアで一括購入出来そうにない事ぐらいですね。


[No.598] Re: HJ6月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/04/28(Sat) 17:58
[関連記事



考えてみれば、紫龍って、目の光が戻ったけど、原作では12宮の戦いの後は意識不明で眠っていて、アニメでは聖域に居たようなことが描かれていて、満足に戻ってなかったような(汗
ハーデス編の冒頭では戦いから遠ざけられたけど、結局、戦いに飛び込んでいったし、止めても無駄っていうことが分っているのかも。

前聖戦を描いた車田版では触れられていましたが、黄金に欠員が有ると、白銀、青銅から実力がありそうな人間が抜擢されるようで(シオン、童虎も青銅からの昇格組)。
そういえば、ジャンプ版、TVアニメ版でも白銀だが、実力は黄金なみとかいうキャラが何人もいましたっけ。
よくよく考えてみれば、大抵の黄金聖闘士が10歳前後で黄金になってて、枠は埋まってたし、いて座は日本にあったわけだから、実力あっても白銀聖闘士の聖闘士が何人も居るのは、不思議じゃないのかも。黄金12人、白銀24人、青銅48人だそうなので、白銀の枠が埋まってしまえば、青銅で黄金並の実力とかそれも埋まってしまえば、兵士で黄金並みの実力というのが出ても、理屈の上じゃあるわけですから。
サガも双子で、何かあれば、カノンが後を継ぐようにしていたみたいだし。
考えてみれば、旧原作でも倒された人間が死んでいったわけだし、現代の聖闘士って、内輪もめで数を減らしたところに、ポセイドンが事を起こして、さらにハーデスが死んだ聖闘士を使って、アテナの首を取ろうとして、というかなり、危ない状況で、ハーデスとの戦いでは、生き残っていた黄金聖闘士も全滅。

公式的に、教皇と老師しか生き残らなかったとされる前聖戦(ロスとキャンバスでは、他にも生き残りは居ましたが)もそうでしょうが、やはり、急務とされるのは、開いた聖闘士の後釜を一人でも多く決めること。

聖衣の持ち主が代わってるのは、白銀なり、黄金に昇格したというところでしょうか?

数人の青銅聖闘士が黄金聖衣までまとって、ポセイドンや青銅聖衣が神聖衣になった事例を踏まえれば、前聖戦ほどじゃないにして(これはこれで、驚きの話だし)、聖闘士のあきがあるわけだから、実力があれば、青銅や白銀が黄金に昇格というのも、奨励されるのも不思議じゃないわけで。

属性に目覚めなかった市がパライストラに生徒として入って、学ぶという事態もえらい違和感を感じますが、もとはしまさひで氏の漫画、コンポラ先生2(コンポラキッド)みたいな話ですね(汗

そりゃ、パライストラみたいな養成所を作って、大量の聖闘士を育てるシステム作らざるをえないのでしょうね。
アニメではアンドロメダ瞬と一緒に修行していた少年が、聖闘士じゃないのに、聖衣をまとって、瞬に襲撃をかけたことがあったので、パライストラの生徒が48人以上であって、聖衣まとっていても、おかしな話じゃなさそうですし。

アニメのほうは、第一話は原作の第一話(魔鈴と星矢の特訓)、第二話は初めてペガサス聖衣を纏った星矢の戦いを髣髴とさせる展開ですからねえ。
しいていうなら、星矢は自分と姉を引き離したグラード財団や沙織に対する反発があったけど、光牙の反発振りはそれに比べると、弱く見えてしまいますからねえ。

聖衣に関しては、線が少ないのを別にすれば、旧アニメでも、あんな感じだったし、アスガルド編で氷河の装着シーンが出た以外は、新生青銅聖衣の装着シーンはありませんでしたし、オブジェじゃなく、クロストーンなのは、商品化のかねあいもありそうですよね。

商品化されるとしたら、聖闘士聖衣神話ですが、これも高額化している商品ですし、仮面ライダーみたいに放映中の商品展開としてのラインナップで、後から別にマイスで商品出すのかな? とか予想していますが。
場合によっては、装着ギミックを廃した、聖衣姿のフィギュアをSHフィギュアーツ出だすとか?


>AGE

アセムはツイッターかなにかで年をとって、パイロットスーツ姿で居るカットがネットで出ていました。
まあ、民間のパイロットになってても不思議じゃないわけですが。

外伝の方で消息不明になってになっているようです(汗 ラーガンは生還しているみたいですが。

スーパーヒーロー大戦、CMなどでも流れてましたが、両手両足がロケット、ドリルになったゴーバスターオー。
マスターマシンの合体したゴーバスターオーですが、合体時に機体を包むフィールドは単なる防御用ではなく、バスターマシンをゴーバスターオーへt作り変えるためのもの?


クレヨンしんちゃんとのコラボも行っているこの映画ですが、フォーゼのメイン脚本の中島氏はクレヨンしんちゃんに長く関わっている人で、コミック版SHINMENの脚本にも関わっておりますからねえ。


[No.600] Re: HJ6月号 投稿者:八端  投稿日:2012/05/04(Fri) 19:35
[関連記事

連休前後のごたごたで、またもすっかり遅参の八端です。

>HJ
 プロトZ・・・、もう何を見ても驚かないぞ(笑)。
 造形もさることながら、雷蛇の継承とか、続編が本当に始まったかのような
 ”らしい”設定付けがお見事。
 HJの作例は、旧ガンダムのMSVのごとく、
 ”草の根から湧き上がり、本編に匹敵する以上の続編を作ってしまう”
 の域に達したと思って良さそう。

 まぁ、ホビー誌という、一般ファンから見ればかなりメーカーオフィシャル側に
 近い立場ですが。

 リアルタイムで本当にハマってる人が、熱々の頭で生み出した設定、というのは、
 公式・非公式問わず、”正史”とするに値すると思います。


>超機動大将軍
 いまごろコレが来たのがすごい驚き。
 作例では、”強化服”的に割り切って、顔面をSD武者の顔にしてるのが面白い。
 こういうアイテムで、ちゃんと余りパーツや交換パーツ無しにアレンジしてくれる
 のがHJ作例の嬉しいところ。

 個人的には、8頭身ガンダムとして近年のプロポーションに矯正したものも
 みてみたいところ。

 
>レジェンド武者
 うわさは本当だった・・・。
 戦国伝ファンとしては、とうとう本命が来た!という感慨に胸がいっぱい。

 可動考証をずっとやってた当方としては、兜の吹き返しと首後ろのシコロの可動を
 とうとう公式でやってくれた!と快哉を上げたいところ。
 
 大袖の可動は、烈火武者でも試みられながらも、
 コスト不足で不徹底に終わった部分、ようやく本来の形になったというところ。

 可動考証に執念を燃やした当方としては、皆がぱっと思いつく、
 ”刀を抜くポーズ””構えるポーズ”が全うされ、さて、次は、となったとき、
 ようやく足腰の構造に根本的な改革が必要、と大勢が気づくのでは、と期待・・・。

 ディテール的にも、兜の鉢のリベットが別パーツ化、と、
 やはりコンセプト的に通常BBより”模型”寄りになっていることを匂わせますね。

 ぱっと見て華やかなナイトに比べ、少々玄人好みかな?と思った武者ですが、
 これは中々どうして、期待が膨らむキットです。


>AGE
 細かいところに突っ込んではいけないと気付いたAGE(笑)。

 しかし、結局のところ詰むべき積み重ねを詰み切ったキオ編が本番、
 という気がしないでも。

 フリットじいちゃんとAGE3のムチャぶりが、おそらくAGEという作品の
 本来あるべきポジションで、無理に”リアル”ガンダムの血統を追う必要は
 無かったんでしょうね、本来は・・・。

 フリットの”手段を選ばない””非合法上等”っぷりは、思えば明らかに
 グルーデックの背中を追っている感がありますね。
 再開と即座の別れで、それが留まるところを失ってしまったという気も。

 量産機は可変機になり、やっとこさ技術が進んだ感が。
 結局、100年近いタイムスケールを表現できるものが何も無かったのが惜しい。

 とにかく、3部で大きく巻き返し・・・にとりあえず期待。


>Ω
 困った・・・、まだ2話までしか見れてない。
 クロスのアレンジが慣れると結構面白いですね。
 紫龍に息子がいるくらいの年代となると、沙織さん幾つだ?(聞いてはいけない?)


>ヨドバシ
 あてになるホビーショップが少ない地方では、何気に頼りになるヨドバシ。
 こちら福島も、ホビー関係にかなり本気になってくれてるようで、頼もしいですね。

 先日も、”figmaよくお買い上げなので、次も予約しましょうか?”とか、
 聞いてくれたり・・・、
 しかし申し訳ないヨドバシ、秋葉に行けない時しかこっちで買わないので(苦笑)。



表家業が不安定に忙しくなったりヒマになったりしてる最近ですが、
どうもホビー関係の散在が著しいので、もっとガツガツ稼ぎたいけど、
そうするとBBを組んでるヒマさえとれない、という世知辛さ。

とりあえず連休後半くらいは、のんびりBBを組んで過ごしたいところです。