[掲示板へ戻る]
一括表示

[No.601] HJ7月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/05/25(Fri) 23:17
[関連記事

今月の作例は許チョギャプラン。

典韋と互角に戦ったことが曹操に仕えるきっかけになってるので、ギャプランモチーフなのはそれが理由なのでしょうね。
それ以前には、若者を数千引き連れて、黄巾賊一万もの軍勢と戦ったこともあり、食料を手に入れるために和睦した振りをするのですが、その際に、牛を引っ張る芸当を見せて、相手を震え上がらせたり、馬超と戦ったときには、兵士が押し寄せて、沈みそうになった船から、曹操を守ったり、船頭が矢に倒れたときはかわりに船を操ったりしていたそうで。度々、曹操を助けてます。
しかも、許チョを警護として、傍らにおいて、深く信頼していたとのこと。

孫策も曹操に並ぶとも言われましたが、孫策は父親と同じで、一人で先陣切るからなあ(太史慈との打ち合いも偵察に出て、出くわした結果)。物語的にはそっちのほうが面白いんだけど。

呂布にはさすがに苦戦しておりますが、名だたる豪傑たちとも互角に戦ったそうで、馬超とも引き分けたのだとか。・・・って、三国伝コミックス版の本編に出なかった理由って、これも一因でしょうね。
赤い目の状態の馬超相手に特殊能力なしで引き分けてたら、何者だぁっ!? ってなことになりますし(逆にそっちのほうがすごい)。下手な描き方すれば、天の刃いらんじゃんとかいわれかねない(汗
コミックスワールドのように機駕の軍勢に襲い掛かっているのなら、まだ描き様はあるかもしれませんが。


変形msつながりで、典韋が武器に変形するわけですし、武神綺羅鋼の武者刀流義守みたいに、武器に変形するとか、飛行形態とかに変形して、曹操を乗せるとかもありそうですね。

武者も発売がいよいよ迫ってきましたが、アンケートで一位のゴッド丸の姿がホビーショーに。
本当に出るのだったら、金型流用で爆王も出てくれるとうれしいですが。
先月の超機動大将軍の作例もこの流れをふまえて、というのは考えすぎ?

AGE−2のコミックスワールドで将ガンダムみたいにヒゲのはえたAGE1がAGE2を改造という、ギャグっぽく描いてるものの、本編と大差ない内容ですが、鋼鉄ジーグの司馬博士を彷彿とさせる内容。
あれは仮面ライダーXとネタが似ているから、本人も知らないうちに改造されたというナガレになったというのを小耳に挟みましたが、これでフリットが行方不明になっていて、それでもしぶとく生きているなら、完全に司馬博士で、コミックス版をもとにした07年の鋼鉄神ジーグでは生身の姿で現れていますが、これって、瀕死の体で、死に掛けの息子を助けるために改造した後、自分はしっかり生き残ったという生命力の持ち主ですからねえ。
考えてみれば、家族構成司馬博士と一緒なんだよな、フリット。やつなら、キオ編の時代からさらに50年生きても、納得できてしまいそう(汗


[No.602] Re: HJ7月号 投稿者:はじめ  投稿日:2012/05/26(Sat) 07:34
[関連記事


今月のHJ話ですが今回も早速、
SD枠ではAGE2と許緒ギャプランの登場。
例によって複数ミキシングによる超作例ですが
何処をどうやったらああなるのかという感じでしたね。


AGE枠ではダークハウンドとジャックエッジが登場。
公式外伝追憶のシドに登場している宇宙海賊ビシディアンが
ついに本編にも登場するようですが
多分ダークハウンドってAGE2の新形態でしょうね。
実際、胴体部・下半身はAGE2ほぼそのままですし。
アセムが行方不明になっったっていう任務中に
一旦死んだ事にした方がいいようなトラブルが起きて
海賊になった後で生み出された新形態なんじゃないでしょうかね。
先日発売されたシド1巻のラストでも白いAGE2出てましたし、
案外、この辺はシドの方で語られるんじゃないでしょうかね。

ジャックエッジはGエグゼスの海賊仕様機との事ですが
いくらGエグゼスが高性能機とはいえ、
フリット編中盤で初登場してから50年以上も経つと
相対的な性能は低下しているはずなので
どんな武装・戦法があるのかが当座の注目点でしょうか。


ついでに最近のTV・映像方面にも少々、
まずは最近うわさのアキバレンジャーですが
ギャオで6話まで一気放映してたので試しに見たんですが
普通に笑えるって意味では十分面白いですね。
所々に公認作人関係者が出たりして無駄に豪華ですし。

Ωの方では先日ついに学園長の素性判明。
山羊座かつ裏切り者と言うことでしたが以前の説明にあった
黄金2人って行方不明の聖矢を含めたのか含めてないのかが
まだ不明なんですよね。
もし、聖矢含めない数ならまだ1人いる事になるんですが
それが誰かも注目点でしょうか。


[No.603] Re: HJ7月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/05/26(Sat) 22:10
[関連記事



水晶聖闘士のクリスタルを、ついつい結晶と書いてしまう。

アニメ版の続編という形で作られてるようで、学園長がカプリコーンの聖闘士ということも、原作の第一話で出てきたアイオリアが獅子座の黄金聖闘士だったことや旧作の要素になぞらえての話作りをしているので、学園長がマルスの側にいるということをふまえると、私個人は射手座の黄金聖衣はアイオリアの時と同じように敵の手に落ちていないとみています。
無印でも、黄金聖闘士が出てきたときに、射手座、牡羊座、天秤座以外の黄金聖衣が聖域にあることが語られておりまして、表向き行方不明となっていた双子座の聖衣もそこにあり、射手座は木戸光政の手にアテナとともに託されていたので、いろいろと無印を踏まえた設定披露しているのに、射手座の聖衣だけ、そう簡単に敵の手に落ちるという設定になるとは思えないですし。

>AGE
技術があんまり進歩しない理由って、AGEシステムが原因なのでは、と思えてしまう今日この頃。
というのも、フリット編ではAGE1やAGEシステムでパワーアップしたディーヴァ。
ジェノアス2はウルフスペシャルを基にしておりますし、アデルはAGE1を基にしていて、換装ウェアもAGEのものが使えます。
戦闘データをもとに、AGEシステムが武器や換装ウェアを考案、製造しているわけで、あんまり、人間の頭で技術を発展させるということをしておりません。今月のHJの外伝にもでてきたウェアだって、AGEシステムの考案でしたし。
Gエグゼスもマッドーナ工房のMSを改造しておりますが、新しいシステムを盛り込んだというわけでもない。
しかもフリットは司令の地位にまで上り詰めている。
すくなくとも、アセム編まではTvに出ているmsって、基本、コウモリ戦役で活躍した機体を基にしたMSが前面に出ていますからねえ。
ヴェイガン相手に本腰入れて、勝つ気がなさそうとか、他にもいろいろ理由がありそうですが、AGEシステムが換装ウェアや武器を考案していて、アデルはAGE1を基にしておりますし、クランシェだって、AGE2は無関係じゃないでしょうし。
見方を変えれば、よしあしは別にして、ウルフがガンダムみたいなMSにしてくれとマッドーナに依頼したような発想で、新しいMsや武器が生まれる目がほとんどない(クルーデックのようなディーヴァの強化にAGEシステムを使うというような発想もフリットたちにはなかった)部分っていうのも有るのかもしれません。AGEシステムの考案するシロモノで結果を出してきたわけで、しかもそれでこっぴどく負けるというような事態には陥っていない。それ以外に、ヴェイガンに対抗できる技術がないというのもあるのでしょうけど、AGEシステムで作られた目かを参考にして、誰かが新しい武器やMSを考案するというようなシーンはでてきていないわけですし。
それ以外の発想でメカを作るということに目を向けられるとは思えないですし。


>アキバレンジャー

第7話でどえらいことになってます。
まあ、一応、伏線らしきものも、第一話から張られていましたけどね。


[No.604] 欠席御免 投稿者:八端  投稿日:2012/06/25(Mon) 02:36
[関連記事

とうとうこの日付この時刻になってからこれを書くことになってしまいました。

いつぞやか以来の欠席ということに。大変申し訳ないです。

今回も表稼業多忙のため、なのですが、
最近は体力の衰えもダメに拍車をかけているようで。

一応、今週末〜来週にかけてくらいで一区切りとなる予定です。
まさかの海外出張にはならない、と思われますが・・・。


[No.605] Re: 欠席御免 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/06/30(Sat) 10:45
[関連記事

お疲れ様です。

ご無理をなさらないで、お体を大事にしてくださいね。

今月のHJは作例なしでしたが、来月はレジェンド武者も発売されるので、嵐の前の静けさというところでしょうか。