多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.607] Re: HJ12年8月号+α 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/07/02(Mon) 22:46
[関連記事

武者のカブトをかぶるジムのイラストを見ていると、インディガンダムみたいに
ガンダムマスクをかぶって、影武者として活動している姿をイメージしてしまいますね。

レジェンド版ムシャカゲガンダムって、こんな感じでしょうかねえ?

>AGE

1クールアニメ×4本立てと割り切ることにしているのですが、1クールアニメでも、もう少し、伏線とか、その明かし方に頭使うよな、と思いましたねえ・・・。


>オメガ

メイン脚本の吉田玲子さんは昔、ボンバーマンジェッターズという作品に参加しておりまして(メイン脚本はマジレンジャーやフレッシュプリキュアの前川氏)、ストーリーや設定にダブる要素がちらほら、見受けられるのですが、最初のころは聖闘士ファイトも合って、オリオンのエデンがオヤボンさんに見えてしょうがなかったりします。

無印星矢の劇場版にでてきたゴーストセイントも、サジッタ、サザンクロス、オリオンとでてきて、りゅうこつ、琴座はイツ出てくるのか、と気になるところですが、個人的には、琴座の聖闘士は三ツ矢さんが声を当ててくれるとうれしいですが。

栄人が忍者聖闘士と聞いていたので、車田クロスオーバー的な展開になるのか、と期待してしまったけど、今のところ、その気配なさそうですね・・・・・。

>フォーゼ

私もタチバナは賢吾の父親だと思っていたのですが、江本教授が理事長に対して、反逆を考えていたなら、合点がいく部分が有るのですよね。

理事長はおそらく、コズミックエナジーを使って、自分を進化させたり、12のホロスコープススイッチを手にして、力を得ることだと思いますが、コズミックエナジーの力を独占する可能性は高そうですからねえ。

賢吾の父親の研究やアストロスイッチも本来、葬り去られた研究だったはず。

江本教授と二人で考えた計画とか言っておりますが、江本教授が賢吾の父親や理事長に抱いているコンプレックスからして、理事長に対して、そのことで異を唱えて、それを通せるとも思えません。賢吾の父親を手にかけたことが無駄骨に終わる可能性が高い。
理事長のホロスコープススイッチもスイッチャーのイメージ力に左右されやすいシロモノで、作中でも、それによって、スイッチの性能が格段に上がったことが何度も語られております(対してアストロスイッチはスイッチを用途ごとに分けて、イメージに左右されないようにしている印象がある)。
12のホロスコープススイッチがそろったとして、その主導権は理事長が握っており、江本教授が太陽とたとえたように、生半可な人間が太刀打ちできるような精神力ではないはず。

目的が達せられた場合、コズミックエナジーに関しても理事長が独占したりして、江本教授の自由に出来るとは思えないし、これまでにも、賢吾の父親や理事長に強いコンプレックスを抱いているセリフを何度も口にしておりまして、理事長に従ったまま、目的を達すると、太陽にも地球にもコンプレックスを抱いて、その状況が改善されないままになってしまうわけで、理事長に対して反逆を企む理由としては十分なものでしょう。
スイッチャーの精神力に左右されやすいホロスコープススイッチでは、理事長には勝てない。

別の系統であるアストロスイッチに目をつける理由がここに出てきます。

メテオドライバーやメテオギャラクシーはアストロスイッチ規格に合わせて、江本教授が作った装備。

かといって、自分では、賢吾の父親の研究を引き継いでも、賢吾の父親のレベルに達することは難しいし、理事長の手前、余計な疑いを招いてしまうということで賢吾に月面基地に行かせ、アストロスイッチとフォーゼの装備一式を見つけさせる。

欲を言えば、賢吾がフォーゼになることを望んでいたのでしょうが、それはかなわなかったみたいで、ここに計算外の存在である仮面ライダー部の面々が割り込んでくる余地が出てくるわけです。
計算外のイレギュラー要因だから、仮面ライダー部の面々にはご退場願ったということでしょう。

弦太郎も計算外のはずですが、フォーゼに変身するからはずせない。

研究を賢吾に完成させるだけでは、江本教授の心にあいた穴は埋められない。
かといって、ただ、完成した研究を奪うだけでも、同じこと。

絆の力に頼らないで、コズミックスイッチを使えるようにして、そのデータをもとにして、新しい最強スイッチを創り上げ、自分の作ったベルトとスイッチで、理事長を倒し、コズミックエナジーの力を我が物にしたいというところかもしれませんね。

理事長も賢吾の父親も複数の人間の力を集めて、コズミックエナジーを使用しようとしているわけですが、江本教授の独自要素といったら、単独の力で、それに匹敵する力を手に入れようとしていることですし。

友情を否定する江本教授がメテオに選んだのは、友情に裏切られた男であるリュウセイ。
しかし、弦太郎という計算外の要因によって、リュウセイはタチバナの手から離れてしまいます。
理事長の計画も最終段階、計算外とはいえ、弦太郎ははずせないまでも、可能な限り、計算外の要素を排除して、計画の修正をおこなわう必要に迫られたということでしょう。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー