多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.616] Re: レジェンド武者発売 投稿者:八端  投稿日:2012/08/18(Sat) 15:02
[関連記事

発売後ようやく落ち着いた感のレジェンド武者、
秋葉原ヨドバシで何故か夏休みセール300円(!?)で売っていたようですが、
目撃したときには値札のみで影も形も無く。
単純にお祭りセールだったのか、よほど足軽璽武として売れると見込んで大量入荷
していたのか・・・。

レジェンド版のデザインアレンジも、”元の武者の、あくまでリファイン”と
公式声明があるので、より興味深いところですね。

デザイン側としては、武化舞可編ですでに七人衆編のリメイク、というベクトルは
あったので、そのさらに延長線上であると考えていいのでしょうね。

ただ、”別人”として割り切れた武化舞可に対して、”七人衆”本人の再デザイン
である以上、たとえば駄舞留精太のような大アレンジは出来ないのが縛りになるので、
その辺は今後の展開で注目したいところ。


レジェンド武者の肩鎧が動甲冑構造、というのは確かにそう見えるかも。

駆動部が背部、というのは、背後からの攻撃を受けない、というより、
動作クリアランスの問題かもしれません。
前方、胸側は、腕を動かせる隙間を確保したいし、肩の上も、腕を上げ辛くなるし、
頭の左右に障害物ができるのであまりよろしくないので。


あの肩の構造については、私も動力外骨格みたいな構造を想像しましたが、
同時に、もしかすると、これはBB戦士サイズゆえの、模型的アレンジなのかも?
とも思えたり。

兜の構造が正にそれにあたりますが、
実際の兜は、鉢から下はいわばチェーンメイルのようになっているのに対し、
レジェンドBBでは可動軸を仕込んで板鎧のようにアレンジされています。

肩鎧も、実物の大鎧では、ひもで括り付けられ、肩からぶら下がっているものなので、
角ばった体を持つ武者たちにそのまま適用できるかは不明ですが、
もしかすると模型的に可動させるためにあの構造にした、という気も。


かなり個人的解釈ですが、コミック中に登場する武器装備をながめていると、
機械的サポートの動甲冑があらわれ始めたのは、鉄機武者の登場の直前なのでは、
とか思えていたり。


コミックワールドのほうも、旧戦国伝の隙間を補完するエピソードというのが泣ける。

闇の鎧は、結局、殺駆頭の意思を完全に乗っ取るには至らなかったのですよね。
殺駆頭、という個人を乗っ取りきれなかったが故に”闇将軍”という架空人格を
作り出し、闇の鎧の影響時間内のみ顕現させる、という方法をとったくらいですから。

考えてみれば、時隠を征服するために統治者であった殺駆頭を乗っ取るのは
分かるとして、後の風林火山編でも、死亡した(?)殺駆頭を蘇らせて
復活闇将軍の素体として利用したあたり、殺駆頭には何らかの”素質”があったのか?

実は細かい謎はまだまだ尽きない旧戦国伝ですが、
レジェンドBBシリーズによって、それが解けるのか、はたまた新たな謎になるのか。

次回を待て、といったところなのでしょうか。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー