多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.640] HJ2月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2012/12/25(Tue) 23:29
[関連記事

今月は、やはりというべきか、ゴッド丸の作例ですが、当時のゴッド丸と比べて、技術の進歩を感じさせるつくりになっておりますが、それだけではなく、武者真をめぼしいキットを使って、レジェンドBB的に再現するということをやっておりましたねえ。
この調子で輝龍をはじめ、他の面子もやってほしいですが、輝龍は、個人的に劉封とのコンパチをやってほしいところですねえ・・・。

しかも、3月発売のスパロボの新作では三国伝が参戦ですが、Lのシナリオを、三国伝のシナリオも手がけた岸本みゆきさんがやっていたので、今度も彼がやっている可能性が高そうですねえ。

戦神決闘編のシナリオにも触れてほしいところですね。

Lのシナリオはそこそこ評判が良いのですが、アークエンジェル勢はやっぱり好きになれません。
なにせ、彼らが出張ると、出撃枠でとばっちりを喰らいますので。

しかもひさしぶりにダンバインが復活。
聖戦士伝説を合間を見て、ちまちまやってた身として、うれしい限り。


風雲禄二巻が出ましたが、地上最強編までにくわえて、今回は撃流破のコミックスワールドも掲載。

不論帝悪村は
九州と同じ場所に位置していたはずですが、蓬莱も場所的には九州に位置していたのでしょうか?

三国伝には
初期三部作のオマージュ的な展開がいろいろと見受けられますが、戦神
決闘編の最初の方などは、荒駆主がいなくなった頑駄無軍団の視点的な話の描き方という見方もできますが、なにより、クライマックスの天玉鎧が四つも出現するくだりなどは、4人の大将軍が天下統一編の時代に終結するくだりを髣髴とさせますよねえ。

あの時点では、ありえない光景ですし。

日食によって、鳳凰は初代大将軍に出世するのですが、邪馬台国の卑弥呼の死因も日食にあるのでは、という説があり、龍帝剣のパワーアップも、日食によるもの、というか、龍帝剣や曹操のパワーアップに関しては、副次的なものだったかもしれません。

日食によるパワーアップは劉備や曹操がメインではなく、おそらくは蓬莱の女王の後継者のものだったのだと思いますが。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー