多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.663] Re: HJ13年6月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2013/05/23(Thu) 21:10
[関連記事

闇の鎧に関しては、殺駆頭を操るための道具という側面もあるのかも。
強化外骨格と聞いて、思い出すのはG−4で、あれは装着者もパーツとみなしていて、装着者が死んでも、システムがソノ体を動かしておりましたし。

タイプとしては、後の天零の綺羅鋼の鎧が近いのではないかと。パーツ構成といい、タイプといいよく似ておりますし。

それにしては、腕のパーツが操るには心もとないという気もしないでもないですが、
半分機械、半分生体パーツで出来ているであろう武者たちなので、アストレイに出てきたリジェネイトやテスタメントみたいに、装着して、ウィルス、この場合闇皇帝に従うようなプログラムをインストールして言うことを聞かせるつもりだったのかもしれませんが、おそらくは殺駆頭の精神力が、闇皇帝の見積もりよりも強くて、それだけはで、おぼつかなかったのかも。

風林火山編では、若殺駆頭を取り込むことから行っていたのも、その経験を生かしてのことかもしれません。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー