多耳聞
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [ワード検索] [過去録] [管理用]

[No.689] HJ2月号 投稿者:ノイシュタタタット  投稿日:2013/12/29(Sun) 23:19
[関連記事

HJ2月号
画像サイズ: 854×480 (114kB)

撮影データ ( Exif情報表示)
撮影カメラN906i
焦点距離5mm
測光方式分割評価測光
シャッタースピード1/16秒
絞りf2.8

今月は新しい作例はなく、以前のレジェンドBB武者アストレイ対応カスタムパーツと、キャンペーンのパーツを組み合わせたガトリング装備をつけたものが出ておりました。

関西のほうでは、最初の土日で、日本橋の量販店など、めぼしい店は全滅。
トイザラスなどでは、週明けでも、全種類残っていたようですが。


個人的にはBパーツが一番重宝していますが。



前述のBパーツを使うことで、武者番長作中で黒龍がやっていた筋肉番長も簡単に再現できます。

破牙丸も、もともと、烈火大鋼や大鋼の両足をつけれるようになっておりましたが、
同じくBパーツのパーツを使うことで、大鋼の両手もつけれるようになって、擬似パワードレッド状態にできますし。
100分の1アストレイも試してみましたが、レッドフレームやグリーンフレーム、ミラージュフレームはともかく、ブル−フレームセカンドやゴールドフレーム天ミナは、タクティカルアームズなどの重さがネックになってて、スタンドなどで支える必要がありますが。


ウイングガンダムフニーチェや戦国アストレイが出ましたが、戦国アストレイは孫権アストレイが出たら、すくなくとも両肩パーツとアームパーツは、似合いそうな気がしますが。

もともとGP03が演者で、そのGP03は腕からホールディングアームズが伸びる仕様になってたので、そういう意味でも似合いそうですが。


ガンダムビルドファイターズではスタービルドストライクが出てきましたが、相手の攻撃を吸収するアブゾーブにそれを放出するディスチャージ、プラフスキー粒子下の戦闘においては、使いようによっては、トランザムライザーに匹敵しそうな機体のような(汗


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記記入欄フォームから投稿して下さい)
投稿者 ※必須
Eメール 公開または未記入   非公開( Webメール利用 )
タイトル sage
URL 現在、URLブロック中です
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
画像File (←130kB程度まで)
Exif情報削除しない  削除する
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー