[掲示板へ戻る]
一括表示

[No.708] HJ15年2月号 投稿者:はじめ  投稿日:2014/12/31(Wed) 19:04
[関連記事


ココしばらくプライベートや仕事が忙しくて来れませんでしたが
今年最後の定例集会を早速。
今回はPGユニコーンとGBFトライがフューチャーされてましたが
主要キャラの機体のみならず、脇キャラの機体まで再現するのは流石HJですよね。
他紙だと脇キャラ機体はあまり取り上げられませんから。
自分としてはやはり、ウイニングと炎のサイコがお気に入りですね。
特に斎胡は巨山の斎胡風にした上でバイソン形態への変形とツボを押さえてますよね。


そしてSD烈伝では摩亜屈登場、レジェンド武者ベースらしいですが
サイズの関係で旧摩亜屈のパーツはほぼ使えないでしょうに
あの再現度は脱帽ものですよね。
こういうことをされるとキット化して欲しくなるのはファンのサガですね。


ココで終わっても詰まらないのでGBFトライも少々、まずは8、9話
流れとしては「北宋の壷」が敗けてセカイたちが辛くも勝利と順当な展開でしたが
ここで一番の注目点はあのサザキが10回大会ベスト16入りってことですよね。
こうなると「セイはどうした」って問題が出るわけですが可能性としては

1、セイは何らかの事情により10回大会未参戦。
2、セイは地区予選か予選ピリオドで敗退。
3、10回大会時点で東京エリアは西・東(南・北もある?)と
複数エリアに分かれたため予選では当たらなくなった。
ぐらいですかね。


10話は箸休めの水着回と言うか姉ちゃん回。
キララがハリウッド女優とかミライも次元覇王流使えるとかが判明しましたが
自分としてはこの回のゲストキャラ、TAKUが気になりますね。
3代目スゴックって「3代目」の部分は
3代目Jソウルブラザースから来てるんでしょうが
スゴックってGBFの前身であるビルダーズのコウジの率いてたグループですから
ビルダーズとGBF世界が繋がった?


11・12話は大会前の腕試し編と言うところですが
ここでの注目はまずニルス、苗字もヤジマになってましたが
「婿入りしたんかい」とツッコミを入れたのは自分だけではないはず。
そしてセカイたちは他校と練習試合を組むものの
その前に対戦相手がボコられるという珍事発生。
そのまま、謎の相手と対戦するものの3対1で圧倒される結果に
メイジンが割り込まなければ、
大会前に機体も破壊された上に自信喪失って展開もあり得ましたね。

そしてユウマはメイジンとフミナはレディ・カワグチと対戦してましたが
レディの言う、欠けている物っていうのは自分自身の戦闘力の事でしょうね。
なにせウイニングって仲間の長所を伸ばすサポート能力には長けてますが
それは「チーム戦で勝つ」為のもので「自分自身で勝つ能力」に欠けてるんですよね。
トライファイターズ3機の新機体も既に公表されてますが
スターウイニングってリアル形態にでもなるんでしょうかね。


今年はここまで、皆さん良い年越しを
来年もよろしくお願いします。