« わだちを踏み越え | メイン

明け

コミケ83、3日目朝

明けました


というわけで、大闘争の末、新年はグッタリ過ごしていたやづまです。
あけましておめでとうございます。

戦友諸氏、それぞれ奮闘された事と思われますが、如何でしたでしょうか?

今年は、というか、今年も、単騎侵攻だし予算も無いので、
目標は2件に絞り込んで、手軽に、と目論みつつ、
待機列も、近年でも快心の位置に並べたので、気軽に構えていたのですが・・・。

やはり、コミケは戦ですね。油断したヤツから死んでゆく。

まぐろさん

こちらが第一目標。まぐろ部屋さんです。

かわいい。
YES、オレに弩直撃

こちらに並ぶの今回が初めてだったりで。壁側の島、準大手さんといったところなのですが・・・、

ちょっと手違いが。

"品目が多い" "しかも価格が不ぞろい" "そして売り子が一人(ご本人?)のみ"

という、典型的な泥沼の如く進まないサークルさんだったのですよね。

うん、見ていて本当に大変そうだった。
予想外の人気だったのでしょうか、明らかにテンパっておられました。

当方、うっかり委託で置いてる同人ソフトまで買ってしまったもので、
最高にテンパってるところにトドメを刺してしまったようで、なんというか、その、スイマセン。


で。

一件目でまさかの30分消費。


いやー、作戦的に、先に"準大手"を開場直後に一点突破、
次に"大手"にじっくり並んで、12時の一般待機列解除前に離脱開始、

通り道のサークルとか、出口付近で売ってるお土産グッズでもかっさらいながら、
激流にぶち当たる前に脱出!・・・という目論見だったのですが・・・。


"大手"の方も、これが全然、進まない列でしてねぇ。

つうか、ここは例年のことなので、まぁ、スムーズにはいかないとは思ってはおりましたが、
ええ、今年は特に、冗談のような惨状で。

11時も回り、周りの大行列が売り子さんやスタッフさんの誘導でどんどん流れてゆく中、
ここだけが、ぴたり、と停滞して流れない。ナニこれ。

よほど手が回らないのか、今年はお品書きも完売情報も回って来ず。

そして、12時も過ぎ、いよいよ先頭が見えてきた、残り50m!ってところで、ようやく、

「グッズ全て完売してます!本のみです!」

というアナウンスが・・・。

うむ、完璧だ。

完璧な地雷大手だ・・・。


リザルト。

結局、狙って射落としたのは、最初の一軒のみ。

いや、大本命を獲れたので、満足ではあるし、まぁそこそこの戦果ではあるのですが。













追 撃 。

無人さんinCM83

新年早々、秋葉中古同人ショップを監視し、
ちょうど某店のショーケースに入ったところを鎧 袖 一 触

旧年中にやり残した気分のままだったので、思わずロシア兵の如く雄たけびを胸中にて。

ヤボとも思いますが、参考までに、"約2倍値"。


ところで、

パララックス


秋葉初売りの獲物。

え・・・と?
映画版『グリーンランタン』のラスボス、『パララックス』との事。
当方、不勉強にして未見なのですが、現物見ての衝動買いでした。

780円。

何が衝動を誘ったかって、

序

破

急

シン・・・?

4・・・。

と、いう、凄まじいインパクトのギミックを搭載。

誰かの適当な思い付きを、やたら真剣かつ高完成度に実行してしまった一例。

一連のアクションが、レバーを握って離すのみで気持ちいい勢いで実行されます。

ジャコっ!(キャアアアア!)バクっ!モグモグ・・・、ペッ! という感じ。

こんなの、何で欲しくなったかって、いや、ギミックに惚れた事も勿論ながら、

キャアアア!

こういうことしたいからに決まってるじゃあないですか。

小さめのfigmaなら十分喰える。特に月火ちゃんは表情もハマってピッタリだなぁ。

ちなみにオチは、

これ、国内で真面目に買うと3、4千円するって事。
・・・・・・え!?


フィギュア分初買い。

グッスマのめんま

グッスマのめんま。
今更だけど、4千円切ってたので、景気付けのフィギュア初めに。

なんかすごい余ってる感だけど、かなりの出来の良さ。
アイスかじってる口の中まで見栄えするって、実はすごいんじゃないでしょうか。



さて、今年は巳年。

というわけで、

ナイトバイパー

ビーストマシーンズ・『ナイトバイパー』

ハハハハハ!
コラーダで来ると思ったでしょう。
というかコラーダも用意してあったのですが、新年更新してる玩具サイトさんで
同ネタ多数だったので、こっちを用意しました。

ていうか、"蛇"モチーフで2作もあるトランスフォーマーって、懐深いっていうか、変。

ナイトバイパー前

ビースト系を集める際の難関のひとつでもあるこのナイトバイパー、
当方も、探し出してから入手までに4年近く掛かっていたり。

しかし、探した甲斐はあった、素晴らしい"変態"作。

ナイトバイパー後ろ

後ろ姿&スパーククリスタル。
ヘビっていうか、コブラですね。コラーダもだけど。やっぱり単にヘビだと容積が少なすぎるのか。

そして、ギミック。

ナイトバイパー、アゴ

首後ろの黄色い部分を押すと・・・、

ナイトバイパー、アゴ突出

頭部が飛び出し、アゴがカッと開く。
動作量が小さく、写真だと地味だけど、チャッと小気味良く動く。

ナイトバイパー変形


そして、トランスフォーム!
あれ?マキシマイズ!かな?

ナイトバイパー胴変形

ここが、ナイトバイパーの変態どころ。
ヘビの胴を、一度結合を外してスライドさせる・・・、という、
その発想!?っていうか反則スレスレの奇変形。

結合を外している最中でも、すっぽ抜けてしまうことは無いから、組み換えでは・・・無い?


ロボットモード。

ナイトバイパー、ロボットモード

へ、変態だー!

そう、ナイトバイパーの変態ッぷりは、変形パターンが最高潮では無かった!

なんだこのフリーキーなデザインは!

しかも善玉

ぜったい、サドかマゾ。もしくは両方。一人称は"我輩"か"アタシ"。

ナイトバイパー、頭部

ヘビからヘビっぽいロボットに!というお決まり?のパターン。
見事なヘビ顔。集光はきれいに出来ているけど、光背の如く背中のヘビのエリ?が
光をさえぎって、あまり光らなかったり。写真では、ちょっとだけずらしています。

ナイトバイパー、抜刀

可動範囲は見たまんま。細身のボディがくねぁくねぁ動く。
両腕に位置しているコブラのエリ?の部分は多関節構造になっていて、
ヌンチャクのように展開可能、
そして、右手側には正に毒蛇の牙をモチーフにした刃が仕込まれていて、実に邪悪。

ううむ、変態。
自由な発想とデザインの、陰ることの無い真髄がむき出しになった逸品です。


というわけで。

毎度の新年ご挨拶&冬コミ戦果でした。

毎度の、というか、
旧年中は、表稼業にあんまりに生気を奪われて、危うく廃ブログになるところでした。

実際のところ、新年、というタイミングにこちらを見ておられる方はもはやいるのかどうか。
自業自得ではありますが、とりあえず、新年の目標は、

"検索したら下のほうに引っかかる程度の閲覧率"

にするところでしょうか。
基本的に、自己満足一直線のブログですが、
ちっとはネットの共有財産になるものを書いておきたいところ。

牙

今年は、色々の方向で、ちょっとは"野心"を持たねばならない一年になりそう。

さて、どうなるか。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hakkourin.serio.jp/yojo/mt-tb.cgi/673

コメントを投稿